おすすめの転職サイトと転職エージェント

40代で営業職の経験しかない人にもおすすめの転職エージェントまとめ

40代で営業職の経験しかない人にもおすすめの転職エージェントまとめ

こんにちは!
人材業界20年生のさくらです!
今回は転職を考える時に活用すべき”転職エージェント”について解説します。

特に転職初心者の場合は、目的に合わせた転職エージェントの活用方法がわからないと思います。

転職活動においてはムダな時間はできるだけ省きたいもの。
事前に転職エージェントの特徴と活用方法を理解しておきたいところですね。

転職初心者が気になる3つの疑問にお答えします。

転職初心者

いきなり転職エージェントに連絡するの?

どの転職エージェントに登録したらいいの?

転職エージェントのカウンセリングって何を話すの?

そんなあなたの疑問を解決するための記事です!

この記事では、あなたの転職活動に合った転職エージェントの活用方法を見つけていただくために、ボクが仕事で経験してきた人材業界の知識や転職活動で得られた情報を基に、各転職エージェントの特徴や活用方法を紹介します。
転職活動中のあなたがムダに時間を浪費することなく、効率的に転職活動を進めることができるようになることを目指しています!

さくら

なぜボクがこの記事を書いているのか?
理由は2つあります。

1つ目は人材業界で20年間営業職として求人を3,000社以上扱ってきたので、転職市場や転職サービスについての知識があるからです。

そして2つ目は最近転職活動を経験した際に、転職エージェントの活用したため、最新の情報を提供できると思ったからです。

40歳を目前にしての転職活動だったため、転職エージェントによってその対応が全然違ったことは大変勉強になりました。

この記事でわかること
✅ 転職エージェントによって特徴・特色があること
✅ たくさんの転職エージェントに登録するメリット
✅ 転職エージェントとのカウンセリングで話すこと

強みを生かしたい、年収を上げたい、自分に合った職場環境を見つけたい、など転職の目的は様々だと思います。あなたの転職の目的を実現させるためにも、転職エージェントを正しく活用しましょう。

【無料診断】自己分析ができていない方はコチラへ!

市場価値診断
転職エージェントに登録する前に、無料で3つの自己分析診断ができるオススメの転職サイトMIIDAS(ミイダス)へ!市場価値診断、コンピテンシー診断、パーソナリティ診断を正しく行うことにより、自分の市場価値だけでなく、特性や資質が言語化されるため、改めて自分を知るきっかけになること間違いなし! 特に転職で未経験の業界や職種に飛び込むことを考えている場合は、自分の適性や市場価値を知ることが重要です。...

転職エージェントの特徴

転職エージェントの特徴

転職未経験者

いきなり転職エージェントに連絡するの?

「まずはよく聞く社名の転職エージェントである、リクルートやdodaに登録をしてみよう!」
と考えがちですが、いったんストップ!
まずは各社の特徴を抑えておきましょう。

例えば40代に強いエージェント、営業職に強いエージェントなど、それぞれ強みが違います。

今回の転職の目的やあなたの状態によって活用方法が異なりますので、
詳細を確認しながら1社1社の特徴を見ていきましょう。

※エージェント同士を比較できる情報が完全に揃っているわけではないため、自分軸と比較してくださいね。

リクルートエージェント/株式会社リクルートキャリア

強み ✔︎ 日本一の求職者データベースを保有
✔︎ 求人数、アドバイザーの数もトップクラス
弱み ✔︎ 主要都市以外の地方案件が少ない
✔︎ キャリアカウンセラーの担当変更が多い
リクルートエージェントへ☞

✔︎ 各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれる

✔︎ リクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではなく、職務経歴書・履歴書などの書類の添削、 独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートをしてくれる

✔︎ 参加者の80%以上が満足している、 リクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能

取引企業数:約1万9000社(2019年3月末時点)

求人数:業界最大級 20万件以上の非公開求人

業界:電子・電気・機械/17% 建設・不動産/15% IT・通信/11% 化学/9% 消費財・総合商社/8% 医薬・医療・バイオ/6% インターネット/5%

登録者数:約87万9000名(2018年度実績)

年齢層:25歳以下/32% 26-30歳/29% 31-35歳/18% 36-40歳/11% 41-50歳/9% 

経験職種:販売・サービス・流通/20% 営業/19% オフィスワーク/10% SE・エンジニア/13%

dodaエージェントサービス/パーソルキャリア株式会社

強み ✔︎ 地方採用でも網羅的な母集団形成とマッチングが可能
✔︎ エグゼクティブ、バイリンガルなど専門性の高い人材も支援可能
弱み ✔︎ 紹介手数料が高い
dodaエージェントへ☞

転職者満足度No.1(電通バズリサーチ調べ インターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数)
求人数:業界最大級 10万件以上の求人

取り扱い職種:営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備/化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ

登録者数:約410万人(転職サイトdoda会員数含む)

年齢層:24歳以下/14.2% 25-29歳/37.4% 30-34歳/21.9% 35-39歳/11.9% 40歳以上/13.6%

経験職種:営業/23.5% 販売・サービス/14.8% 企画・管理/11.8% 事務・アシスタント/11.4% 技術職/10.2%

経験業界:サービス/27% メーカー/21.8% 小売・外食/10.2% IT・通信・インターネット/9.5% 金融/6.8%

✔︎ dodaの専門スタッフが非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

✔︎ 専門スタッフが企業へのエントリー(人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くための秘訣をていねいにアドバイス、応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押し)、面接前後のきめ細かいフォロー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートし、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施

✔︎ 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として「doda転職フェア セレクト オンライン」も開催中

マイナビエージェント/株式会社マイナビ

強み ✔︎ 20代前半、第2新卒の登録者が多い
✔︎ 看護師など専門のエージェントサイトがある
弱み ✔︎ ミドル層の求人数、登録者数は少なめ
✔︎ 地方に専門部署がない場合もある
マイナビ
マイナビエージェントへ☞

取引企業
業界:IT・通信/33.6% メーカー系/25.7% 流通・小売/9.5% サービス・マスコミ系/8% 金融・コンサルティング/7.7%

職種:IT・インターネット・通信/19.3% 機械・電子・電気/8.7% 営業/8.5% 管理部門/9.7% 医薬・バイオ/9.2%

登録者情報
年齢層:24歳以下/27.5% 25-29歳/35.8% 30-34歳/16.9% 35-39歳/8.6% 40-49歳/7.2% 50歳以上/4.1%

経験業界:サービス/16.9% メーカー/15.3% IT/9.6% 流通・小売/9.2% 不動産・建設・プラント/7.3% 金融/7.2%

経験職種:営業/21.5% 経営企画・管理部門/20.2% 販売・サービス/15.2% 技術系/10.3% ITソリューション営業・エンジニア/8.8%

✔︎ はじめて転職する方にも安心サポート


✔︎ 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザー


✔︎ 企業担当アドバイザーもバックアップ

JAC Recruitment/株式会社 ジェイエイシーリクルートメント

強み ✔︎ 年収600万円以上のハイクラスに特化しており、ミドル・外資系に強い
弱み ✔︎ 企業と登録者を1人のエージェントが担当するので調整スピードが遅い
✔︎ 九州など事業所がないエリアがある
JACリクルートメントへ☞

求人数:1.2万件以上の求人
登録者数:約5万人

決定者の年齢層:30代が全体の約1/3を占め、40-45歳が全体の約1/4、さらに46歳以上が全体の約1/4を占める。
決定者の職種:技術系が全体の約1/4、営業職が約1/4弱、管理部門・バックオフィスとコンピュータ関連がそれそれ約1/6ずつを占める。

企業と求職者の双方に対する支援を一人のコンサルタントが行う「両面型」のビジネスモデルを導入しており、両面型のプロフェッショナルコンサルタントが約750名在籍、日本国内の両面型の人材紹介サービスにおいては、業界最大規模の人数でサービスを提供している。

グループ会社のJAC Recruitment International Ltdが擁する海外10ヵ国のJAC Recruitmentとの強力なネットワークを生かすことで、海外進出により事業の拡大を図る日系企業に対する人事面に関する情報やアドバイスを提供したり、海外の求人に対応できる。

✔︎ リクルートエージェント、DODAに続き、業界3位の人材紹介会社

✔︎ 1988年設立、東証一部上場企業

✔︎ 管理職・エグゼクティブ・専門職の転職・採用支援に特化

プロフェッショナル転職サービス/ランスタッド株式会社

強み ✔︎ 30~40代、年収800万円以上のエグゼクティブや管理職層、外資系に強い
弱み ✔︎ 扱っている業界や職種の幅が狭い
ランスタッド
ランスタッドへ☞

取り扱い実績企業10,000社以上
世界レベルで活躍するコンサルタント集団が強み

世界を舞台にした60年の支援実績がある世界最大級の転職エージェント。

外資・国内ともに優良企業の独占求人が豊富であることが強み

S&P500企業からスタートアップまでランスタッド社しか紹介できないポジションが200件以上ある

医療・医薬、製造、テクノロジー、消費財、管理部門に特化しており、
各業界専属のコンサルタントがハイクラス層の皆さまの転職を成功に導く

✔︎ 業界専属のコンサルタントがサポート

✔︎ ランスタッドにしかない独占求人が豊富

✔︎ グローバル企業だから外資系企業には特に強い

登録する転職エージェントは1社だけを選ぶの?

転職未経験者

結局どの転職エージェントに登録したら良いの?

各エージェントの特徴がわかったら、自分の年齢や経験、希望職種に一番近いエージェントから登録していきましょう。

40代で営業経験があり、別業界でそのスキルを生かしたいということであれば、dodaエージェントが一番条件が近いため、WEBにて登録を進め、カウンセリングの申込を行いましょう。

すぐに「ここだ!」と採用が決まることはないと思いますので、リクルートエージェント、マイナビエージェントなど他のエージェントにも登録しておきます。

そして各転職エージェントから情報を獲得するために、WEB登録が済んだらカウンセリングを申し込みます。

この時に、リクルートであればメーカーや不動産という業界に強い、dodaであれば営業職という職種に強い、マイナビであればIT系の業界・職種に強いなお

転職エージェントがカウンセリングで知りたいこと

転職未経験者

転職エージェントのカウンセリングって何を話すの?

カウンセリングで転職エージェントのキャリアアドバイザーが知りたいことは大きく3つです。

☑️ 転職理由

☑️ 転職意向

☑️ 経験・スキルと希望条件のギャップ

転職理由

転職理由は転職エージェントにとって大事な要素です。
なぜなら、あなたが現在の仕事を辞めようと思った理由が、次のお仕事を探す軸になることがあるからです。

例えば今回の転職理由が残業時間が長いというものであれば、次の職場には残業が少ないという条件を、通勤時間が長いことが転職理由であれば、通勤時間30分以内などの条件を基に案件を探すことができるからです。

転職エージェントとしては、ピッタリの職場を見つけて定着してほしいので、今回の転職理由を確認した上で新しいお仕事を紹介する必要があるのです。

転職意向

あなたがどのくらい本気で転職をしたいと思っているか、つまり転職意向がどの程度のものかということも、転職エージェントのキャリアアドバイザーが知りたいことの一つです。

転職エージェントは個人と組織を繋ぐという役割を果たすために、情報をやり取りしながら話を進めていきます。

その結果、あなたの職務経歴書を見た企業の採用担当者が、ぜひあなたと一緒にお仕事がしたいという熱量に達したとしても、あなたが「実は半年後くらいに転職しようと思っています」と、熱量の低い状態であることがわかると、これまでの仕事が無意味になってしますのです。

そのようなことが起こらないように、最初に「あなたが転職したい時期」を握っておくのです。

経験・スキルと希望条件のギャップ

最後は、あなたがこれまでにどのような仕事を経験してきたのか、その経験でどのような知識やスキルが身についたのか、その知識やスキルが次の仕事の希望条件とマッチしているかを確認します。
なぜかというと現実味のない転職活動を避けるためです。

たとえば、これまで家電製品の営業職を15年やってきた方が、未経験スタートのプログラマーで、年収500万円以上の条件で転職したいと言ってもなかなか見つかりません。

その状態で転職エージェントから紹介される求人案件を断り続けても、転職活動は全然進みません。

この場合、経験・スキルと希望条件のギャップを埋めるためには、年収を200万円代まで下げる、WEBマーケティング会社の営業職から始める、などの調整が必要になります。

カウンセリングの前にある程度希望の求人を話せるように、転職サイトをチェックしておきましょう!

おすすめの転職サイト
40代にもおすすめの転職サイトまとめ世の中にはたくさんの転職サイトがあります。 それぞれを理解した上で、上手に情報を使うことができれば、効率よく転職活動をすすめたいところですね。 転職初心者が気になる3つの疑問にお答えします。...

必ず転職しなければならないワケではない!

転職未経験者

ところで、転職エージェントに登録したら、必ず転職しなければならないの?

いいえ!そんなことはありません!
転職エージェントは営利目的の企業ですので、できれば転職の実績を作りたいと考えてい流のですが、ただ就業すれば良いということではなく、”定着”も企業側から求められています。

あなたがしっかり納得していない状態であれば、エージェントとしてもそのネックとなっている部分を解決したいと考えるはずです。
どのような些細なことでも良いので、不安や不満、疑問に思っていることを正直に相談しましょう。

さくら

転職を決める時は、自分が転職したいと思い納得した時だけにしましょう!
中途半端な気持ちで転職してしまうと後悔してしまうかもしれません!

まとめ

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント
※業界最大手の転職エージェント

dodaエージェントサービス
※比較的40代以上、営業職に強い

マイナビエージェント
※登録者は比較的若くIT分野に強い

JACリクルートメント
ミドル・ハイクラスに定評があり外資系に強い

ランスタッド
30~40代、年収800万円以上のエグゼクティブや管理職層に強い

できるだけたくさんの求人情報を得るためにも、複数のエージェントに登録することをおすすめします

結論
✅ 転職エージェントによって特徴・特色があること
→転職エージェントの特徴は主に、勤務地や年齢層、職種・業界の違いがあります。大手の転職エージェントであるリクルート、doda、マイナビに関しては、年齢層・職種・勤務地全てにおいて網羅できてはいますが、その中でも職種や年齢の偏りはあります。例えば40代、営業職であればまずはdodaに登録しカウンセリングを受けてみる等です。

✅ 複数の転職エージェントに登録するメリット
→転職エージェントによって取引をしている企業が異なりますので、求人情報をできるだけたくさん得るためにも、より多くのエージェントに登録する必要があります。特にリーマンショックや新型コロナ禍などの不景気の中では求人数自体が少ないため、年齢や職種、勤務地で明らかに自分に合わないエージェント以外にはできるだけ登録しましょう。

✅ 転職エージェントとのカウンセリングで話すこと
→カウンセリングでは”転職理由”と”転職意向(本気度・時期)”、”経験・スキルと今回の希望条件が現実的かどうか”を確認します。転職理由については建前で話す人が多いのですが、その情報があなたにピッタリの新しい職場を探す材料になりますので、正直に話しましょう。